上海燕樂堂

イツモココロニタイヨウヲ

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

サルPちゃんワークショップに行って来たよん

サルPちゃんワークショップ1

しげぷーさんのサルPちゃんワークショップに行って来たよん。

ピーナッちゃんでクラフトするんは、
ビーバー以来やから何年ぶりやろね。

サルPちゃんワークショップ2

まずは好きなピーナッちゃん選んで、毛の色を塗るんやね。
今回は3色ピックアップしてくれてはって、好きなん選ぶようになってたん。
私は食いしん坊やからチョコレート色ね。
この時点ではただ全体を塗るだけやねんけど、
機械とかで作られた物に塗るんとちゃうから、
凸凹に絵の具が上手く入らへんかったら塗り残しとかできて、
それはそれで味があるけど、なかなか難しいなって思たよ。

サルPちゃんワークショップ3

お向かいに座っていたのは、編み物(だけではないんだけど)作家の
りりこさん

お隣のテーブルは、皆さん器用に絵付け作業を進めてはってんけど、
亀ちゃんと3人の私たちのテーブルは、
うだ話にああだこうだと盛り上がりながら、
なかなか上手いこといかへんなあってやり直したり、
まあいろいろ。
口ばっかり動かしてるからや、って言わんとってね。
挙げ句の果てに乾燥させている途中のPちゃんで遊ぶ。ひひひ。

途中、亀ちゃんが差し入れしてくれたエッグタルトで
お茶しながら、何とか完成(ごちそうさまでした)。
せやけど、完全消化不良状態で、
己の不器用さに感動すらおぼえたさ〜。

サルPちゃんワークショップ4

それでもね、可愛いサルPちゃんたちを見せてもろてたら、
そんなんどうでもええようになるよね。
(とか何とか言いながら、その後引きずってたけどね)

しげぷー先生、皆さん、
ありがとうございました。

で、ほんまは3月のおひなさん作りたかってんけど、
春節の休暇終わってからひな祭りの日まで大阪やから、
参加できひんのん。残念。

サルPちゃんワークショップ5

ほら、めっちゃ可愛いでしょ。
comments (0) : - : Edit

コドモ学校ネタ2題

*けび
 無事12月に卒業。
 しかし、卒業式出席の申込をしそびれた彼は、
 卒業式に出ることなく、よって巷でよく見る
 角帽とアカデミックガウンのあのスタイルの写真は無し。

 忙しくしていたのもあるが、
 写真に撮られるのは嫌いだし、式に出るのは面倒くさいと
 はなから式に出る気がなかった彼。
 私に文句を言われると、「でもメール来て3日とかで締切って
 はよすぎへん?」と一応言い訳もしてみせた。

 卒業写真は記録写真やねん。キミが要らんくても
 おとーちゃんとおかーちゃんは欲しいねん。ぷんすか。

 とか何とか言っているうちに休みが明け、
 卒業証書をもらって来たというので写真を送ってもらった。

 微信で写真を送ってもらった。
  ーーーーーーーー
  BACHELOR OF ENGINEERING (MECHANICAL)
  (HONOURS)
  WITH DISTINCTION
  ーーーーーーーー
 夫には「WITH DISTINCTION」を褒めてやってもらいたかったのだが、
 全くオーストラリアの大学の成績制度がわかっていない彼には、
 説明してもピンと来ないらしく、
 「グッジョブ」のアイコンを3つ送った後の言葉が、
 「卒業証書に写真は無いの?」だった。

 ……そ、そこですかい?

 中国の証書は顔写真入りだから、文字だけの証書というのは
 納得がいかなかった模様。
 
 メルボルンで進学してから一度大学を転校しているので、
 良いスコアで終えられたのは、そのおかげなのだろうけれど、
 時に父親の怒りを買いつつ彼なりの最良の道を考えながら
 進んだ結果なので、嬉しいかぎりだ。おめでとう。

 来月からは、元いた大学での生活が始まる。
 本人は当初あまり気乗りしていない様子だったが、
 第一志望の大学からのオファーがまだもらえない状態で、
 このままだとこのセメスターから勉強することができないことから
 今日明日中に手続きを済ませてしまう模様。
 ま、何事もやってみなくちゃわからないよね。


*ちよちよ
 要領良く卒論準備をしている同級生を羨ましがりつつも、
 先例資料のほとんど無い題材で奮闘中。
 
 は、良かったのだけれど、
 唯一単位をとれずに再々履修となっていた物理、
 何としても今学期合格しなければ、卒業が延びるだけでなく、
 ちょっと厄介なことになることがわかった。

 何が厄介って、
 2015級学生(2015年度入学生)から物理の履修が無くなるため、
 今学期限りで心理学院から物理の授業が無くなるというのだ。
 そうなると、万一再履修になった学生は、
 他学院の履修科目となっている物理をとることになるのだが、
 いわば「なんちゃって理系」の心理学院学生が履修している物理より
 難しい「ホンモノ理系」の物理を履修しなくてはならないらしい。
 
 そしてその試験が今日。
 何とかこれが最後の試験となりますように。加油!
comments (0) : - : Edit

おちゃめ親父

メルボルンもようやく休みが明けたようで、
昨日息子が卒業証書をもらって来たので
微信で写真を送ってもらった。

ーーーーーーーー
BACHELOR OF ENGINEERING (MECHANICAL)
(HONOURS)

WITH DISTINCTION
ーーーーーーーー

夫には「WITH DISTINCTION」を褒めてやってもらいたかったのだが、
全くオーストラリアの大学の成績制度がわかっていない彼には、
説明してもピンと来ないらしく、
「グッジョブ」のアイコンを3つ送った後の言葉が、
「卒業証書に写真は無いの?」だった。

……そ、そこですかい?
comments (0) : - : Edit

チョコレートでちょこっと支援を

AAR Japan(難民を助ける会)チョコレート

AAR Japan(難民を助ける会)
秋冬限定販売のチャリティ・チョコレート、
もうご存知ですか?

2011年から販売されているロングセラー商品です。
北海道・六花亭の美味しいチョコレート、
その純益(約200円)がAARを通じて世界の人々のために使われます。

チョコレートで難民支援を!2015年度の販売を開始します
 (AAR お知らせ 2015年10月2日)

カラフルマンスはパッケージが3種類、
贈りたい人にあわせてデザインを選ぶことができます。
新製品のマンス・ショコラはビターな大人の味。
いずれも楽しいお茶の時間をさらに盛り上げてくれること
間違いなしです。

贈り物に、ご自宅用に、ぜひお求めください。
(ヤミツキになっても責任はとれませんのでアシカラズ)

AARオンラインショップ チョコレート
comments (0) : - : Edit

抹茶茶碗が出来上がりました

抹茶茶碗

先月作った抹茶茶碗が昨日の朝届いた。

土の色の出方がおもしろい。
今度はちゃんとしたのを作りたいなと思う。
……だってコレ、めっちゃ重いねんもん。

さて、どちらが私の作品でしょうか。
comments (0) : - : Edit

いつでもニギヤカやねん

光明顿大酒家

春澤クリニックまで行くのにUberを利用。
今日はaudi A5で颯爽と現れたお兄ちゃんに乗せてもらった。

流行のヘアスタイル(でもちょっと花輪クンっぽい)に、
上等なスーツ(シャツは白だけど生地が凝ってるよね)に洒落た腕時計。
年齢をたずねてみる勇気はなく(けびと同じぐらいだったらショック)
最初に二言三言会話を交わしてからは互いに黙っていた。

いよいよ目的地に着きますぞ、というところで
そのお兄ちゃんが声をあげて驚く。
「えっ!? 何???」

あー、そこの店ね、いつもこんな感じよ。
おっちゃんおばちゃん、じっちゃんばっちゃん、みんな並んでるよね。

「いつもこんななの!? 何を売っているの?」

あの列に入れなくて、買ってみたことはないけど、
上海人の好きなおかずや鮮肉月餅とか売ってるんだよね。

お兄ちゃんは驚きが止まらなかった模様。

ほどなくして社科院に着いたのでお別れしたが、
降りてからふと思う。
いくら若くても上海人なら
光明頓大酒家を知らないってことはないよねえ。

いや、けびちよと同世代だったなら、案外知らないかもね。
ここは店内で食べるにしても、お持ち帰りするにしても
その人が途切れることはほとんど無いから、
ひいじいちゃんひいばあちゃんでもいなければ、
わざわざ来ないかもかも。

それにしてもにぎわっているね。
写真は、診察を終えて淮海中路のMUJIをのぞきに行って、
さらに思南路でちょっと買い物した後に撮ったから、
13時半はゆうに過ぎているんだけど、
昼食を終えた人たちがここで買い物をして帰る感じかな。

さっき私はCafé&Meal MUJIのランチの列に並ぶ気力体力が無く
そそくさと退散してきた身。
ここの行列にはぜーったい並べないな。
おばちゃんたちの限りなくゼロに近いパーソナルスペースに
何分も耐える気力はまだ持ちあわせていない。

いつか私にもここで買い物できる日が来るのだろうか。
(いや、別に来なくてもいいんだけど……、ひひひ)
comments (0) : - : Edit

クリスマスカードが日本に届きました

ここでのご報告がすっかり遅くなってしまいましたが、
去る12月12日に
被災地の子どもたちにクリスマスカードを届けよう!」の
クリスマスカード・バンク 田中拓男様より
カードを受け取ってくださった旨、メールを頂戴いたしました。

2015カードメッセージ1

カードを郵送する際に、手紙を添えたのですが、
そこに互人多の話も書いたため、いただいたメールで
そのことについて触れてくださっています。
私が送った手紙の文を控えておくのを忘れてしまい、
内容がわかりにくくなってしまっていること、ご容赦ください。

2015カードメッセージ2

こちらはfacebookページのキャプチャです。
長過ぎてすべてをおさめることができませんでした。

なお、カード作りの会に参加くださった皆様には、
当日参加費として15元ずつ頂戴しました。
そのうちカードの用紙代として20枚分の20元を差し引いた
40元を郵送費の一部として使わせていただきました。
(日本へ贈る用は16枚、参加者の方に持ち帰りいただいた分が4枚)

今年発送したカードは全部で17通、
EMSにて12月7日に浦東大道郵政所より発送しました。
郵送費は121.30元でした。

カード作りの会への参加を希望していただいたものの、
諸事情によりお越しいただけなかった方々もいらっしゃいましたが、
その方々のお心ものせて、カードを贈ることができたと思います。

カード作りの会が好評だったため、
2016年は複数回開催できるように準備ができればと思います。

毎年、気持ちのスイッチが入らないと動けなくて、
ドタバタでお知らせしている状態ですが、
決して義務化することなく、しかし細く長く、
このような活動が不要となる日まで続けていけたらいいなと思います。

告知の拡散や会への参加、カードを準備してくださった方など
関わってくださったすべての皆さまに厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。


Xマスカードを被災地の子ども達に届けよう!プロジェクト
 〜Xmas cards from friends around the world〜

 (2014年6月までの記事)

被災地にクリスマスカードを届けよう!
 Xmas cards from friends around the world

 (facebookページ)
- : - : Edit

第1回上海国際手造博覧会

第1回上海国際手造博覧会1

おもしろそうな展覧会があるぞということで、
珍しくはりきって前売りチケットを買い、ちよちよを誘って
浦東の世博展覧館へ。

開催日の直前になって互人多が出店させていただくことが決まり、
互人多のメンバーも会場に。
(その報告はこちら
私は最終日の店番をすることになったので、
初日二日目は普通のお客さんで。

第1回上海国際手造博覧会2

こちらのキルトのすごろくは1日に数回遊べた模様で、
その都度たくさんの人が並んでいました。
たぶん、マスの上に置いてある物が商品だったと思われ。

第1回上海国際手造博覧会4

第1回上海国際手造博覧会5

第1回上海国際手造博覧会6

素材の販売や、体験教室だけでなく、
さまざまな工芸品やお茶など中国文化を伝えるものも多数。
伝統的な赤い紙を使った切り紙も美しかった。

第1回上海国際手造博覧会7

第1回上海国際手造博覧会8

第1回上海国際手造博覧会10


第1回上海国際手造博覧会11

いろいろ体験できるコーナーがある中で、
私とちよちよはお碗を作ることに。

こちらは先生の作品。

第1回上海国際手造博覧会12

ちよちよのネイルの都合でろくろをまわすのは断念。
こちらをこねこねしていくよん。

第1回上海国際手造博覧会13

途中、テレビカメラやカメラ、団体で来た子どもたちに
頻繁に囲まれつつ、出来上がったのがこちら。

第1回上海国際手造博覧会14

私は途中で一度底に穴があいてしまい、再度作りなおすはめに。
それでもまあ何とかここまで出来上がり、私たちの作業はおしまい。
後は乾燥、焼き、釉薬塗りを先生が仕上げてくださり、
焼き上がったら家まで宅配してくれるそう。楽しみだね。

第1回上海国際手造博覧会15

第1回上海国際手造博覧会16

そんなに広い会場でもないのだけれど、
結構興味深いものがたくさんあって、明日、明後日も楽しみだな。
comments (0) : - : Edit

準備好了

2016カレンダーラッピング済み

国務院の休暇発表も無事行われ、
おかげさまでカレンダー印刷中デス。
ご注文くださった皆様アリガトウゴザイマス。

今年はれいちゃんからのリクエストで
月曜始まりのカレンダーも昨日作りました。

何度もチェックしたのに、
日付は間違ってないかな、祝祭日の記載は間違っていないかな、
包装を終えた後もなお不安だったりするわけですが、
また1年、役に立てると嬉しいなと思うわけデス。

いやーん、ドキドキ。
comments (0) : - : Edit

2016年版燕屋権左衛門カレンダーのご案内

2016年版燕屋権左衛門カレンダーのご案内

年が明ければすぐに翌年分の多種多様な素晴らしいカレンダーが
市場に出回っている中で、
懲りずにおつきあいくださるマニアックな皆さまに
ご愛用いただいております
『燕屋権左衛門謹製ニジイロツバメカレンダー』、
2016年版のお知らせでございます。

今回もパステルアートを使用しております。
その都合上、台紙の色が印刷面に若干出てしまいますこと、
何卒ご諒解くださいませ。

印刷屋さんへ印刷に出すことも検討しましたが、
やはりギリギリまで国務院からの祝祭日の正式発表が
確認できないことと、価格を据え置き続けるために、
完全受注生産、拙宅Canonクンで1枚1枚出力させていただきます。

カレンダーはA6サイズ(はがきとほぼ同じ大きさ)の両面印刷です。
綴じておりませんので、イーゼルにのせたり、
マグネットでペタリと貼ったり、
複数枚収納できるフォトスタンドに入れたりなど、
お好きなカタチでご使用ください。

嬉しいことにA4判など大きなサイズのカレンダーのリクエストも
いただきましたが、同様に印刷、在庫、納期の問題があり、
さらにA4になりますと家庭用インクジェットプリンタでの印刷は
コストがかかりすぎ、カレンダーとしての許容範囲となる価格では
ご提供できませんので、なにとぞご理解いただければと思います。

花のライン

☆品名:燕屋権左衛門謹製 2016年ニジイロツバメカレンダー
☆体裁:A6サイズ(105×150mm)・インクジェットプリント
     両面印刷、表紙1枚、カレンダー部6枚
     用紙は「環保用紙」使用
     カレンダーの絵柄につきましては
     パステルアートのブログ『ニジイロツバメ』を
     ご参照ください。
☆価格:本体のみケース無し 60元(日本円1200円)

2016年ニジイロツバメカレンダー1

後半の月が裏面になります。
2016年ニジイロツバメカレンダー2

中国の休日と日曜日を赤字で表示しております。
上のサンプル画像は、国務院からの最終発表前のものです。

2016年ニジイロツバメカレンダー3

日本に関係する日は数字はそのままですが、
青字でその日の名前を入れてあります。

☆販売:
(1)メールにてお問い合わせください
  infoあっとtsubakuron.net(あっとを@に変えてください)
  件名は「2016カレンダー」としてください。

(2)微信、LINE、FBメッセージからお問い合わせください

中国以外の地域への発送はEMSのみの取り扱いとなり、
送料をご負担いただくことになります。
ご諒解ください。

来年も可愛がっていただければ幸いデス。
どうぞよろしくお願いいたします。
- : - : Edit
<< 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >>