上海燕樂堂

イツモココロニタイヨウヲ

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ともしびプロジェクト

Kaosanに誘ってもらって
1月のともしびプロジェクトへ参加してきた。

東日本大震災が起きた3月11日にちなみ、
毎月11日に集まりを開いてみんなでキャンドルを作り、
それを灯して祈る、ワークショップが開催されている。

ともしびプロジェクト2
使用する材料は、「KONECN(こねキャン)」という
手でこねて作るキャンドルのキット。

ともしびプロジェクト1
会場内が暗めだったので
写真がきれいに撮れていない(フラッシュたけよ、私)が、可愛い。

今日うかがったお話によると、
最も活動がさかんなのは上海なのだそうで、
毎月さまざまなテーマを設定してワークショップを
開催されているそうだ。

今回は、上海なでしこさんによる二胡アンサンブル演奏、
ともしびプロジェクト上海の活動の歴史、
メンバーの野村さんが本帰国されるということで
野村さんのお話をうかがうなどなど
キャンドルを作りながら盛りだくさんの内容で
ひとときを過ごした。

ともしびプロジェクト3
私はといえば、何を作るか思い浮かばず、
ただただ手を動かしながら謎の物体を作り上げた。

ともしびプロジェクト4
みんなのキャンドルを並べ、点灯。

ともしびプロジェクト5
1分間の黙祷の後、今回は野村さんに火を消していただいた。
皆の祈りが、その場の空気が一つになった。

3月11日は大阪の父の命日(震災とは無関係です。念のため)
あの震災から丸6年、父が亡くなって3年、
月日の経つのは本当にはやいものだ。

会の途中、JWNの3月のイベントの紹介がされた。
その時に画面に大きくマークが表示されているのを見て、
あれを描いた頃のことがいろいろ懐かしく思い出された。

そう、とても昔のことのようにも思えるが、
まだ6年しか経っていないともいえる。
この震災の後も日本を含め世界各地で大きな地震が発生し、
いずこも被災された方々の生活は安心できるものになったとは言い難い。

私の中での地震はやはり自身が経験した阪神淡路大震災。
自らを被災者と呼ぶにはあまりにも……と
毎年どこかに書いていたように思うが、22年経つ今も
あの日のこと、あれからしばらくの間の何とも言えない緊張感、
そして自分の住まいを軸に東と西とで生活に大きな違いがあったことを
忘れることはできない。

とりたてて大きなことや、人を動かすことはできないが、
忘れないことと祈ることは続けることができる。

できることを、できるときに、できるだけ。
あらためてそう思った夜だった。
comments (0) : - : Edit

中国でもピコ太郎

浦西まで買い物に出かけた帰り、
1階のエレベーターホールでエレベーターが来るのを待っていると、
♪ピポピポピポピポ……♪と聞き慣れた音が聞こえて来た。

へ?と、顔を上げてみると、
エレベーターの乗降口の横に設置されている
動画広告の画面にピコ太郎が。

「賣賣賣車(mǎi mǎi mǎi chē )」と
彼が言っている。
そこへ、王祖藍(Wong Cho Lam)が後ろから出て来て、
一緒に踊り出し再び「賣賣賣車(mǎi mǎi mǎi chē )」。

「賣新車(mǎi xīn chē )」
「想賣好車(xiǎng mǎi hǎo chē )」と言ったあとに、
あの合体ポーズとかけ声を言って「「賣賣車(mǎi mǎi chē )」。


という調子で、こんな車が欲しいなら、あんな車が欲しいなら、と
リズムにのりながら合体が続き、
車を買うなら神州賣賣車でね、と
締めくくられるCM。

中国ではドラマなどで声が吹き替えられることが珍しくないが、
たぶんこれは彼自身の声なのではないだろうか。
上手いな〜、発音が。

【高能尬舞】王祖蓝魔性秒杀ppap大叔!Bilibili

まだブームになる直前ぐらいの頃だっただろうか、
メルボルンに住んでいるけびとSkypeでやりとりした時に、
ピコ太郎のPPAPをチェックしてみろと言われ、
「でも古坂大魔王やねんけどな」とつけたして笑っていたのが懐かしい。
(彼は突然新しいおもしろいものを教えてくれる時があるが、
たいがいその時私にはよくわからなくて、しばらくすると
あの時のアレか、とわかるパターン)


もう聞き飽きたかなと思っていたが、
このCMはしばらく耳に残りそう。
comments (0) : - : Edit

2016年上海蟹食べ納め

2016年上海蟹食べ納め

アメリカの大学院から帰って来た趙さんちの息子クンに
ナイアガラさんが仕事を紹介して、めでたく働き始めたので
食事に誘われたそうなのだが、どうせだったらウチで蟹を、
ということで急遽蟹宴会開催。

蟹は証券会社から公公とナイアガラさんに
それぞれ10杯ずつ、鶏もそれぞれ1羽ずつ届いていた。
鶏は公公が1羽とキクラゲやらキノコ類と煮込みにして、
他にサラダやらカリフラワーの炒め物などなど
野菜メインの料理をいくつか。

Stollenも用意していたのに、
まさかの奥さん欠席で、ほとんど売れず。
明日からの朝食だな、ま、いっか。

お土産にまだ蒸していなかった蟹10杯(=1箱)と、
鶏を渡したら、後で男性陣に「え、蟹全部あげちゃったの?」と
言われてしまったが、ま、ええやん。

とりあえずこれで2016年の上海蟹食べ納め、ってことで。
comments (0) : - : Edit

ここにもクリスマス

Wagasデリバリーシール

Wagasからランチを配達してもらった。
シールかわいい。
comments (0) : - : Edit

スウェーデン刺繍

幼い頃、母がスウェーデン刺繍なるものを楽しんでいた。
テーブルランナーのようなものを何点も作っていたように
記憶している。
そのうち、母がその道具一式を私に譲ってくれて、
私も一時期それを刺していたのだが、
そのうちクロスステッチやフランス刺繍に目がいくようになり、
いつしか疎遠になってしまった。

当時は、スウェーデン刺繍の柄がとても地味に思えて、
たくさんのステッチを駆使して仕上げるフランス刺繍が
華やかで可愛いと思ったのだろう。

それが、50歳まであと一歩となり好みが変わってきたのだろうか、
それとも昔を懐かしむようになったのだろうか、
昨年あたりからまたスウェーデン刺繍が気になるようになりだした。
しかし、毎回大阪に帰る時にはそれを忘れていて、
だいたい上海に戻って数週から数ヶ月すると思い出すという始末。

そこでとりあえずキットを取り寄せて、
リハビリよろしくまた刺してみることにした。

オリムパス製絲 スウェーデンししゅうキット/コースター・SW-15

キットはコースターを4枚作るものだったが、
普段コースターは使わないので、布を指定のサイズに裁断はしたが、
刺しながらどうしようか思いあぐねる。

とりあえず図案通りに刺した後、
キットの糸を使って適当に異なる図案を刺して額に入れてみた。

スウェーデン刺繍1

何かおもしろい。

そうだ、クリスマスの絵も作ろう。

キットの糸と手持ちの糸の色に限りがあって、
欲しかった赤色などはなかったが、
木をモチーフに刺してみる。

星はどうしよう。
星だけ別のステッチで刺しても良かったが、
こういうところは偏屈者のワタクシ、
何としても布をすくって刺すというこの刺繍の手法から
離れたくない。
星の光が列をなし、賢者たちを導いているイメージで
あえて繋げたままになる形で刺した。

スウェーデン刺繍2

何かが物足りないが、今年はここまで。
来年、もう少し工夫をしてみよう。

あと、糸は横着しないでちゃんといったん全部バラバラにして
ほぐした状態から使わないと、線が細いままで可愛くないね。
丁寧に仕事をしよう。
comments (0) : - : Edit

虹橋天地聖誕市集

虹橋天地聖誕市集1

互人多が今週末、
虹橋天地「新天地広場」にて開催されるクリスマスマーケット、
「虹橋天地聖誕市集」に出店することになりました。

普段販売している互人多手作り品の数々の他、
これまでのイベントでは出していなかった(なぜならここ数日で
作っていたものだから)グッズもデビューします。

パンダ温泉1

ぶちゃカワパンダがナイスなコレ、ブローチとして胸につけたり、

パンダ温泉2

髪につけることもできます。

ミニツリーチャーム

この写真では大きく見えますが、ミニツリーのチャーム。

ミニツリーチャーム2

実際の大きさはこんな感じ。

ミニツリーチャーム3

たくさん用意してお待ちしています!

ぜひ、オトモダチやご家族お誘いあわせの上、
遊びにいらしてくださいね。
私は17日の夕方以降と18日にいます。
(17日は南匯へお墓参りに行ってから虹橋へ行くのです〜。もはや小旅行)

虹橋天地聖誕市集 木屋市集区
2016年12月17日(土)〜18日(日)
 私たちは10:00過ぎから20:00まで出店します
虹橋天地「新天地広場」
 上海市閔行区申長路888号(x蘇虹路)
 軌道2/10号線「虹橋火車站」E/F出口から直進後、右手(北側)
 ※左手(南側)の購物中心で開催されるのは別のマーケットです
comments (0) : - : Edit

ほっとひといき

20161208お食事会

今日はniko-chan宅で夜景とおしゃべりを楽しむお食事会。
昨日互人多打ち上げ会が終わって、
今晩は事務局の忘年会みたいな感じ?なんて笑っていたケレド、
まだ定例会もイベント出店も残っているので、
ちょっとひといき会みたいな感じかな。

窓の向こうには陸家嘴の高層建築物群と、
北外灘の白玉蘭広場が見える。
(夜景の遠距離の写真はきれいに撮れないので撮影せず)

上海で暮らしている理由も、子どもの年齢も、
持っている引き出しも皆それぞれの人たち。
それでも何かの波長があうのだろう。
ほっとひといき。

テーブルでは、すでに次の手作り品企画が生まれ出て、
パーツを淘宝網で注文してるし。

明日へのワクワクが止まらない。
comments (0) : - : Edit

椰樹椰子汁

2016年互人多打ち上げ会1

今日は互人多手作り会恒例の「打ち上げ会」、
ポットラック形式で、毎年美味しい料理が並び、
おしゃべりも楽しい集まり。

互人多打ち上げ会2

シャンパンの蓋を開けたら、すぐこんな可愛いものを作ってくださる方も。

毎年たくさんの美味しい料理がテーブルを飾ってくれるので、
今年私は飲み物を持って行くことにした。

オーソドックスな烏龍茶、オレンジジュース、林檎ジュースだけでなく、
お楽しみ要素を忘れずウケ狙いで楊梅汁、山藥汁、枸杞汁なども用意。
(山薬汁は、そのアヤシさに誰も手をつけなかったので、
次回事務局の定例会で飲んでみることに。ひひひ)
そしてもう1本、誰もが知っている飲み物だけれど、
この容器を見たことがある人は少ないのではないかというものも。

椰樹椰汁1

正大広場の蜂卜蓮花で見かけて、思わず買ってしまった、
ココナッツジュースのパーティボトル。

普段みんなが手にしているのは、
黒背景にココナッツの絵が描かれてあるもので、
缶だったり紙パックだったりでサイズもいろいろある。
椰樹椰子汁
しかし、これは主張がとにかく凄すぎる。

椰樹椰汁2

何やら政治団体を糾弾するチラシだとか、
詐欺まがいの物販企業の宣伝だとか、
そんなアヤシイにほひのするこの感じ。
もう、居残りしていたメンバーのおなかがよじれて
笑いが止まらない。じわじわツボにハマってくる。

椰樹椰汁3

このダサイシンプルなのにウルサイパッケージの分析に
小1時間ぐらいみんなでああだこうだと盛り上がった。

なんやかんや言いつつ、笑うっていいよね。

年夜飯の時にもコレ買って来ようっと。
comments (0) : - : Edit

2017年版燕屋権左衛門カレンダーのご案内

2016年版燕屋権左衛門カレンダーのご案内

毎年毎年懲りずにおつきあいくださるマニアックな皆さまに
ご愛用いただいております
『燕屋権左衛門謹製ニジイロツバメカレンダー』、
2017年版のお知らせでございます。

今回もパステルアートを使用しております。
その都合上、台紙の色が印刷面に若干出てしまいますこと、
何卒ご諒解くださいませ。

カレンダーはA6サイズ(はがきとほぼ同じ大きさ)の両面印刷です。
綴じておりませんので、イーゼルにのせたり、
マグネットでペタリと貼ったり、
複数枚収納できるフォトスタンドに入れたりなど、
お好きなカタチでご使用ください。



☆品名:燕屋権左衛門謹製 2017年ニジイロツバメカレンダー
☆体裁:A6サイズ(105×150mm)・インクジェットプリント
     両面印刷、表紙1枚、カレンダー部6枚
     カレンダーの絵柄につきましては
     パステルアートのブログ『ニジイロツバメ』を
     ご参照ください。
☆価格:本体のみケース無し 60元(日本円1000円)/送料別
☆お支払:現金、微信支付、支付宝にてお受けします。
     ※中国以外の地域の方で微信支付、支付宝が
      利用できない方はご相談ください。
      銀行は、ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行になります。

なお、2017年版より通常の中国版と、日本のお休みの日の数字を
赤色にした日本版をご用意しております。
中国以外にお住まいの方はご希望される方をご指定ください。

*中国版

2017年カレンダー中国版1
後半の月が裏面になります。
2017年カレンダー中国版2

中国の休日と日曜日を赤字で表示しております。

*日本版

2017年カレンダー日本版1
後半の月が裏面になります。
2017年カレンダー日本版2

日本の休日と日曜日を赤字で表示しております

☆販売:
(1)メールにてお問い合わせください
  infoあっとtsubakuron.net(あっとを@に変えてください)
  件名は「2017カレンダー」としてください。

(2)微信、LINE、FBメッセージからお問い合わせください

中国以外の地域への発送はEMSのみの取り扱いとなり、
送料をご負担いただくことになります。
ご諒解ください。

来年も可愛がっていただければ幸いデス。
どうぞよろしくお願いいたします。
comments (0) : - : Edit

カレンダー、中国版と日本版

毎年毎年、翌年の祝日の決定が遅いものだから、
互人多のクリスマスコンサートが終わってからでも
十分間に合うと思っていたら、
あらまあ、今年は1日に発表しちゃってくれちゃって
(やればできるやん。来年はもっと早くしてくれればなお嬉し)
2日の夜から残りの絵をせっせと描く、描く、描く。
 *どんな絵なのかはニジイロツバメ

で、最初は予定していなかったのだけれど、
中国ではないところにお住まいの方が
変わらず注文してくださるので、
急遽日本の休みの日の数字を赤色表示にする
日本版も作ってみましたのねん。

カレンダー日本版

そしてこちらが通常の中国版。

カレンダー中国版

絵の方もいよいよ9月の絵を残して
あとは出来上がっているので、
来週からお渡しができると思うのですねん。

価格は今回も60元(日本円はレートの関係で下げました1000円)で。
用紙は明日買い出しに行くので、それ次第で。
*2016年のカレンダーはこんなのんでした

てなことで作業に戻るのであった〜。
comments (0) : - : Edit
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>