上海燕樂堂

イツモココロニタイヨウヲ

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

降温了

降温了

ピリッと引き締まるような冷たさの風を感じるようになってきた。
でも、気分は爽快。
comments (0) : - : Edit

ごみ収集車のペーパークラフト

夏に一時帰国した際、
けびちよの小さい頃の服の中で
弟や妹のところへお下がりで出すのを忘れていたものを
大阪市の「マタニティウェア・ベビー服・子ども服の回収」に
出すことにした。

気に入って残してあったものなのに、
実家の押し入れに大切にしまいすぎて、
毎年帰省しても完全に忘れていたのだ。もったいない。

なんせ厳選して残していたものだったので、
ヤフオクなどに出せばそこそこの価格で
売れそうなものも多々あったが、
そこまで手を出す時間の余裕はなかったし、
ブランドものといえど古いものだと20年も前のものだから、
そこは思い切って処分することにした。

ありがたいことに電話をすれば
環境事業センターの職員さんが回収しに来てくださるというので
予約をして、引き取りに来ていただいた。

わざわざ取りに来てくださっただけでなく、
普通ごみ用のごみ袋と、こんな可愛いものをいただいてしまった。

ごみ収集車のペーパークラフト1

大阪市のゴミ収集車のペーパークラフト。
ブルーはいちばんなじみが深いタイプで、
グリーンはハイブリッド自動車、
ピンクは天然ガス自動車。

ごみ収集車のペーパークラフト2

さりげなく隅っこに「ごみゼロリーダー『大阪リサ子』」さんという
キャラクターもいてはる。
さすが大阪、名前がベタ過ぎ。

最初は「もう小さい子どもがいませんから」と
受け取るのを断ったが、こういうものが好きなもので、
「やっぱりください」と、恥ずかしながら頂戴することに。

すぐにでも組み立ててみたかったものの、
ぐっと我慢して上海へ持ち帰った。
……が、組み立てると置き場所に困るので、
結局にやにやしながら紙を眺めているワタクシ。


こうやって回収された衣類が、
実際にどれぐらい再利用されているのかはわからないが、
わずかでも子育て家庭の役に立てたら嬉しいなと思う。


*通常の衣類ごみではなく、再利用を目的とした回収です。
 環境事業センターが回収、展示し、必要とする市民へ
 無料提供しています。
 ・『古紙・衣類の分別収集』にご協力をお願いします(大阪市)
 ・マタニティウェア・ベビー服・子ども服の回収について(大阪市)
  ※西北環境事業センターへ問い合わせたところ、
   子ども服は150サイズぐらいまで受け付けているとのことでした。
 ・マタニティウェア等の展示・提供(大阪市)
comments (0) : - : Edit

パステルがいっぱい

遺品のパステル

以前kaosanから
kaosanのお父様が使われていたパステルがあるのだけれどと
形見分けしていただいた。
偶然にも欲しかったものばかり。

ゴンドラパステル

ゴンドラパステル150色!!!
京色パステルは何とか手に入れたけれど、
さすがにソフトパステル150色は手を出せず。
ほとんど使われていない上に木箱がたまらない。

コンテパステル24色

Conté à Parisのパステル。
まあるいスティックと、

コンテパステル CARRES DECOR1

四角いのん。
刻印もたまらん。

コンテパステル CARRES DECOR2


Faber-Castellのポリクロモスパステル36色。
ファーバーカステルポリクロモスパステル

大阪で単色を何本か買ったことがあるけれど、
やっぱり手が出せずにいたもの。
セミハードタイプで色が可愛い。

kaosan、貴重な品をありがとうございました。
どんなクルクルにしようかな。
comments (0) : - : Edit

シーズン到来といえど

上海蟹

上海蟹のシーズンがやって来た。

けびちよが上海を離れ、中高年3人の暮らしな上に、
痛風の心配やら、ナイアガラさんが夕飯不要な日が多いため、
1箱10杯の蟹をほぼ一週間かけて食べているが、
食べ終わったと思ったら新しい箱が届くということがこれで三週目。

先週金曜日に至っては、120個近い卵も届いた。

ナイアガラさんの株友たちは、ここ数年毎年みんなで
陽澄湖へ蟹を食べに出かけていたが、
今年はみんなが往復が面倒だと言い、誰も手を挙げなかった。
幹事的存在の人が、じゃあ蟹を家に送るよというと、
それも要らないよという回答。そりゃ他からもらうからねえ。
ならばと蟹のかわりにみんなに配ったのがこの卵。
(これは冷蔵庫に入りきらなかった分)

卵

非常にありがたいのだが、一度にたくさんではなく、
ちょこっとを複数回いただける方が嬉しいと思うのは
ワガママでしょうな。
果物にせよ、野菜にせよ、海鮮にせよ、
とにかくこれでもか!という量が届くのがチャイナスタイル。
毎朝卵を食べる公公がゴキゲンだから、
素直に喜んでおくことにしようっと。
comments (0) : - : Edit

カレーを買ってくださいな

small spice co.,レトルトカレー1

8月の一時帰国の際、ちよちよからのリクエストで
SMALL SPICE co.,のレトルトビーフカレーを1箱大阪へ運んだ。
何袋かはお土産に配ったりして、全部を彼女に渡したわけではなかったが、
これだとすぐになくなってしまうから、上海から送ってと頼まれた。

さすがに小包で郵送するのは送料が高い(なんせ重いですからね)ので、
イヤだと拒否したものの、彼女がいつ上海に戻って来ても
すぐに渡せるように、また2箱ほど注文することにした。

その時に、賞味期限を来年4月に迎えるこのカレーがまだ350箱も
残っていると伺った。

フンパツしてもさすがに何十箱も買うことはできないので、
ちょこっと宣伝して、気に入ってくださった方がそれぞれに
数袋(数箱)ずつ買ってくだされば、
多少はお役に立てるかと思った次第。
なんせムスメの好きなカレーなので。

small spice co.,レトルトカレー2

温めてお皿に盛るとこんな感じ。
牛肉がごろごろっと入っていて、爽やかな甘さとスパイスがいい感じ。
茹でるか素揚げした野菜をトッピングすればなお美味し。
ぜひぜひお試しを。

*購入のご案内*
●箱買い
 500元/箱(1箱:12袋入)
 上海市内送料無料で宅配します(市外はお問い合わせください)
 お問い合わせ:HIROさん 136-1182-9044
        WeChat ID:tsukino001
        決済はWeChatでできます

●袋買い
 45元/袋(240g入)
 販売場所:have a good time
      上海市巨鹿路318号(x茂名南路) 向明中学近く
        地鉄1号線「陜西南路」3号出口から北へ
        地鉄2号線「南京西路」4号出口から南へ
        地鉄13号線「淮海中路」3号出口から北西へ
      TEL:(021)6245-9722
      営業時間:11:00-23:00(日曜-20:00)
           ※10月1日〜3日は20:00まで
comments (2) : - : Edit

小青柑

小青柑1

亀ちゃんからいただいた5年物の普洱茶……の、
初めて見た「小青柑」。
うっかりしてヘタの蓋を外して写真を撮るのを忘れたケレド、
この中に茶葉が入っている。

早速淹れてみる。

小青柑2

すっきり爽やか、とても飲みやすい。
今晩はサンドウィッチと共に。

亀ちゃんアリガトウ。ごちそうさま。
comments (0) : - : Edit

ナツノタノシミ

梅ごはん

互人多事務局でプチブレイク中、
kaosanの梅ごはん。

梅干し、じゃこ、大葉だけでうまうま。
ナイアガラ家は雑穀ごはんヴァージョンで。
comments (0) : - : Edit

かめちゃんにドッキリ

カメちゃん20160716

私が一時帰国する前、まだ若干片肺の様子が不安だったかめちゃんも、
気温の上昇と、ナイアガラ方式(?)に慣れたのか、
すっかりたくましくなって、おばちゃんは嬉しいかぎり。

……の毎日だったが、
先日14日、朝から空が真っ暗で大雨が降った午前、
事件は起こった。

洋間居間と公公の部屋の窓の確認をしに居間へ行ったら、
かめちゃんが水槽の中でひっくりかえり、
四肢と首をだら〜んと伸ばした状態で浮いていた。

一瞬悪寒が走り、かめちゃんが死んでいる!、そう思った。

怖くなって部屋へ逃げ帰り、しばらく頭が真っ白な状態で
へたりこんでしまった。
あのままにしておいて良いのか、でも触るのは怖い。
夜、ナイアガラさんに何とかしてもらおう、そうしよう。

しばらくはそう思って部屋にいたけれど、
やっぱりそのままにはしておけない。
もう一度水槽をのぞきに行ったら、遠目に首が動いているのが見えた。

生きている!

慌てて水槽の前まで行き、それでもやっぱり素手では怖くて持てなくて、
網ですくって島の上にのせてやった。

と、何事もなかったかのように落ち着いている。

ええ〜!!!
そんなもんなの???

とりあえずホッとした。

最近、おなかがすいている時に私が行くと、
島の上からダイブするように水槽の下に降りてきていたので、
何かの拍子に島から運悪く甲羅の側を下にして落ちて、
そのまま失神していたのかもしれない。
なんせ見た時は、すべてが伸びてしまっていたのだ。

やれやれ。

そしてたまたまなのか、その体験が怖かったのか、
よく島の下にもぐるようになった。
もぐれるようにわざわざ大きい島を買ったので、
役に立って何よりなんだけど、カメの生態、まだまだ謎だらけ。
comments (0) : - : Edit

お弁当

お弁当160715

まだちよちよのお弁当を入れていた時に、
ナイアガラさんからお弁当のリクエストをもらった。

なんでも会社の入っているビルの食堂の食事が最近あわないという。

それで、できるかぎりお弁当を入れるようにしている。

100%毎日がんばらないのは、
日本人が食べるお弁当とは同じにできないからで、
お弁当に適さない具や食べ方、或いはナイアガラさんが
口にしない方が良い食材などの兼ね合いからで、
最初はがんばってきちんと用意しようとやっていたけれど、
途中で無理しない方針に変えたのだ(ぐーたらなだけ、とも言う)。
なんせ上海は湿度が高くて、朝から作り立てのお弁当を持たせるなんて、
食中毒が怖くて怖くて。

昔ちよちよに持たせていたランチジャーをひっぱり出そうかとも思ったが、
必ず毎回温めて食べるというので、
あえて前日の夜にセットして、冷たいままの状態にして、
大きな保冷剤と共に保冷袋に入れて持たせるようにした。
冷たいまま食べるものは別容器に入れ、ごはんとおかずも別容器に。

こうして今週は久々に「皆勤賞」。
これからも適度にゆるゆるな感じで行くよん。
comments (0) : - : Edit

上海に戻るさ〜

今回の滞在中は、今夏会うことができないだろうということで
サニーさんにだけは会ったけれど、ほとんど梅田にも行かなかった。
一番通ったのは母の病院。片目だけだったので入院の必要はなく、
通院が日課だった。
母が父の年に追いついて、ちょっとフクザツな気分だった。

過熟白内障ということで術時の症状が心配されたが、
お医者さまがきれいに手術してくださり、経過も大変良好で、
安心して上海へ戻れる。良かった。

今回は、私が大阪へ帰省する前にちよちよが東京へ発ち、
途中卒業式のために上海へ戻るというすれ違い生活。
今日私が上海へ戻ると数日後にはまた東京へ発つ。
海外生の日本での就活はスケジュール調整がとても難しいと実感中。

JALだったおかげで、チェックインカウンターもすいすい、
いつもなら急ぎ足で安全検査へ向かうところ、時間に余裕があったので、
MUJIやら洋服屋さんで買い物もした。
MUJIで傘を見ていた時に来てくれた店員さんがとても親切で、
中華圏に少し明るいということもあり、話がはずんだ。
免税手続きができますよと、レジのスタッフに指示も出してくれた。
アリガトウ。

帰りもやっぱり人は多くて、ほぼ満席。
私の隣には、漢民族ではないかもといった感じで帽子を被った男性が
三角座りしていた。私の後ろに知り合いが座っているらしく、
何度も話をしていたが、私には言葉がよくわからない。
これから中国へ飛ぶわけだから、初飛行機というわけではないと思うのだが、
何やら落ち着かぬ様子。うーん。

今日は浦東側の天候不良で飛行機が揺れる可能性を
最初から告知されており、
すんなり帰ることはできないかもと想像はしていたが、
離陸許可が早々にはおりないことがわかっているのに
機内で待たなければならないのはやはりツライ。

離陸を待っている間、何度もアナウンスが入ったが、
その中でCAさんが機長の許可をとったので、
遅れていることを知らせたい方はどうぞ電話を使ってくださいと
説明があった時には、日本だな〜と思った。
(中華系航空機ならわざわざそんなことは言ってくれないし、
何より乗客は勝手に電話しているはずだから)

ようやく離陸して状態が安定するまでの時間の間に
ジェットコースターのように胸がひゅんとなる揺れがあり、
ここからこの調子で飛ぶなら、私上海まで持たないかもと不安をおぼえた。
幸い、その後はほとんど心配する揺れもなく、ゆっくり映画を楽しんだ。

JAL160627-2

食事はただいま北海道ごはん展開中らしく、
おやつに白い恋人がついてきた。

上海から飛んだ時には食事の説明はついていなかったが、
今回はメニューが添えられていた。
【副菜】小松菜のお浸し
【サラダ】フレッシュサラダ
【主菜】豚丼
【デザート】白い恋人(石屋製菓)

JAL160627-1

いつか行けるのかな、北海道。
行ってみたいぞ、でっかいどう、ほっかいどう。

浦東まで戻って来たら空は真っ白。
ああ、このどよーんとした重苦しい感じがたまらなくイヤ。
更年期だからだろうか、ここ数年上海へ戻って来る時にキモチの上で
ものすごくチカラが必要になっている。
JALに乗ってもこれだから、いつものFMだとここでもう倒れていたかも。
とはいえ、次回JALに乗れるのは何年後のことだろう。

ま、気を取り直して家へ帰ろう。
ただいま、上海。
comments (0) : - : Edit
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>