シャンハイクラシノテチョウ

上海老婆生活指南と*tsubameのめ*の内容を統合
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

上海音楽学院太太班2006年春期学生募集・修正版

2006.03.01 Wednesday | 旧*tsubameのめ* > 上海音楽学院

2月21日付の記事で紹介した、上海音楽学院太太班の募集について
訂正箇所が出たため、修正版をアップします。

1.特徴
実生活で使えることを目標とし、会話を中心とした展開
※授業は中国語で行います。通訳は原則としてつきません。

2.募集人員
入門レベルと、初級レベルの2クラスを予定
各10名(各クラス5名以上で開講)
*初級クラスの開講は決定済み

2.使用テキスト
*初級クラス
『発展漢語 初級漢語口語 上册』北京語言大学出版社 36元

3.授業
毎週月曜、水曜、金曜 午前10時30分〜12時(90分)
授業週数:17週(予定)

4.開講日
2006年3月13日(月)

5.学費
*報名費:500元(太太班継続の人は不要、新規申込者のみ)
*学 費:4000元(教材費別)
支払いは人民元にて現金一括払いのみ、
いかなる理由においても開講後の費用返還はありませんのでご注意ください。
また、中途編入の場合の学費割引もございません。

6.申込み
日本語対応のメールにて受け付けます。
shcmusic@sha.qee.jp
受付は終了しました。

7.必要書類
(1)パスポート
(2)パスポートの身分欄のコピーと
   現在有効であるビザ(もしくは居留許可)のページのコピー
(3)写真2寸3枚
(4)申請書
※申請書は辧公室にあります。

8.お問い合わせ
shcmusic@sha.qee.jp
このアドレスは現在利用できません。

※太太班についてはメールでのみ応対させていただきます。
ご了解ください。

上海音楽学院
住所:上海市汾陽路20号
電話:6437-0137(代表番号)

地下鉄1号線「陝西南路」もしくは「常熟路」下車
バス911、920、926、945等「陝西南路」もしくは「常熟路」下車
author : つばくろん(二姐) | - | trackbacks (0)

上海音楽学院太太班2006年春期学生募集

2006.02.21 Tuesday | 旧*tsubameのめ* > 上海音楽学院

2005年9月に実験的に開講させた太太班を
今学期も開講することになりました。
募集要項については下記の通りです。

1.特徴
実生活で使えることを目標とし、会話を中心とした展開
※授業は中国語で行います。通訳は原則としてつきません。

2.募集クラス数:2クラス
 各クラス5名以上の申込で開講

最終的には申込者のレベルを確認した上で決定されますが、
(1)前学期の太太班修了者レベルのクラス
  (『日本人学漢語(日本人のための中国語)』修了程度)
(2)ピンイン終了〜簡単な会話ができるレベルのクラス
を想定しています。

3.使用テキスト
現在未定
(2)のクラスでは申込者のレベルが対応できるようなら
『日本人学漢語(日本人のための中国語)』を使用
(海文音像出版社 100元)

4.授業
毎週月曜、水曜、金曜 午前10時30分〜12時(90分)
授業週数:17週(予定)

5.開講日
2006年3月6日(月)

6.学費
*報名費:500元(太太班継続の人は不要、新規申込者のみ)
*学 費:4000元(教材費別)
支払いは人民元にて現金一括払いのみ

7.申込み
日本語対応のメールにて受け付けます。
shcmusic@sha.qee.jp
できるだけ3月3日(金)までにお問い合わせください。
受付は終了しました。

実際の手続きは
2006年3月2日(木)午前9時〜11時、午後2時〜4時を予定していますが
開講予定日の6日も可能です。

学費と必要書類をご持参ください。

8.必要書類
(1)パスポート
(2)パスポートの身分欄のコピーと
   現在有効であるビザ(もしくは居留許可)のページのコピー
(4)写真2寸3枚
申込書は辧公室にあります。

9.お問い合わせ
shcmusic@sha.qee.jp
このアドレスは現在使用できません。

※太太班についてはメールでのみ応対させていただきます。
ご了解ください。

上海音楽学院
住所:上海市汾陽路20号
電話:6437-0137(代表番号)

地下鉄1号線「陝西南路」もしくは「常熟路」下車
バス911、920、926、945等「陝西南路」もしくは「常熟路」下車
author : つばくろん(二姐) | - | trackbacks (0)

二胡クラス、一部変更のお知らせ

2005.03.28 Monday | 旧*tsubameのめ* > 上海音楽学院

*上海音楽学院対外文化教育中心 二胡クラスのお知らせ(改)*

3月30日に開講予定だった二胡クラスを、
4月6日からに変更します。

時間:2005年4月6日(水)より、
毎週水曜日 午後15時45分-17時15分 (合計10回) 
場所:上海音楽学院 北楼201(舞踏室)
費用:学費 800元(上音漢語/音楽学生は600元)
   楽器レンタル料 300元
講師:上海音楽学院 汝芸老師
申込:shcmusic@ns-st.jp宛、3月30日までにご連絡ください。
終了しました。

☆今回変更になった点☆
1.開講日
  楽器の準備のため、一週間ずらすことになりました

2.楽器レンタルについて
  楽器の価格がそれなりにする(現在準備予定のものは1000元強)ので
  レッスンを受けることにしてみたものの、やっぱり…といった場合に
  それが無駄になってしまうこと、
  また、ご存知のとおり、二胡は自由に国外へ持ち出すことができません。
  それは「CITES輸出証明」を取得することによって可能になりますが、
  そういう面倒なことをしてまで二胡を持ちたくない、
  ただ体験できればいいんだ、という人もいるであろう、
  ということで、今回辧公室で購入して、参加者に貸し出しすることが
  決定しました。

  最初の授業が始まるまでにデポジットとしてその楽器本体の価格を
  辧公室に納めていただきます(現在金額未定)。
  
  10回の講習が終了した時点で、その二胡を返還される人には
  デポジットからレンタル料300元を差し引いた額を
  二胡と引き換えにお返しします。
  
  返還せずにその二胡を購入されたい方は、
  そのままお持ち帰りいただければそれで結構です(つまりデポジットは
  返金しません)。

  ということで、楽器を自分で引き取るかどうかはレッスンの最後に
  決めることが可能です。

  また、今回用意する二胡は、汝芸老師が直接蘇州の工場へ買い付けに
  行ってくださるため、上音周辺で販売されているものに比べて
  安価で質のよいものですので、
  まだ思案中の方はぜひご検討ください。

  楽器買い付けの都合上、締め切りは厳守です。
author : つばくろん(二姐) | - | trackbacks (0)

ダンスクラスのお知らせ

2005.03.26 Saturday | 旧*tsubameのめ* > 上海音楽学院

上海音楽学院留学生全体向けの選修課である、
舞踏課の開講が決まりました。

時 間:毎週2回、午後15時半-17時 
期 間:3か月
開始日:未定
場 所:上海音楽学院
費 用:700元(上音漢語/音楽学生は600元)
講 師:上海音楽学院 舞踏老師
     本科学生のレッスンのためにアメリカから招聘した
     アメリカ籍華人の先生だそうです。
受講内容:
     3か月間で以下の三種類のダンスを学習します。
      +ジャズダンス
      +タップダンス
      +ストリートダンス(ヒップホップ)
申込、問い合わせ:shcmusic@ns-st.jp宛、メールにてご連絡ください。
終了しました。
         
現在開講日未定ですので締め切りは設けていません。
詳細わかり次第またご紹介します。
author : つばくろん(二姐) | - | trackbacks (0)

二胡クラスのお知らせ

2005.03.26 Saturday | 旧*tsubameのめ* > 上海音楽学院

上海音楽学院対外文化教育中心では選修課として
来る3月30日より二胡課を開講します。

時間:2005年3月30日(水)より、
   毎週水曜日 午後15時45分-17時15分 (合計10回) 
場所:上海音楽学院
費用:800元(上音漢語/音楽学生は600元)
講師:上海音楽学院 汝老師
申込:shcmusic@ns-st.jp宛、3月28日までにお申し込みください。
終了しました。

*途中参加は可能ですが、補講は行いませんし、費用の減額もできません。
*途中から不参加になられても費用はお返しできません。
*学校行事、五一の連休などの都合で10回の講習の全日程は未定です、
 その都度の通知となりますのでご了承ください。

どんな二胡を購入すればよいかわからない人には
老師がお手伝いしてくださいますので、
そのこともあわせてお問い合わせください。

今回残念ながら時間が中途半端な時間帯なので
参加できない方もたくさんおられるかと思いますが、
今後も開講を予定していますので、
時間帯などご相談いただければ、と思います。

基本的には5人以上の希望者が集まれば随時開講可能です。
author : つばくろん(二姐) | - | trackbacks (0)
1 2 >>