シャンハイクラシノテチョウ

上海老婆生活指南と*tsubameのめ*の内容を統合
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

同源堂蔬食館(Spring Vegetarian)

2014.06.18 Wednesday | お店屋さん > 飲食店

今日は浦東へ滅多に来ることが無いという
ともりんりんを迎えての浦東ランチ。
メンバーが4人だったので、368元の四人套餐をチョイス。

4人でセットメニューを食べるにはちょっとテーブルが小さくて、
どんどんどんどん運ばれて来る料理であふれんばかり。
おまけに料理が運ばれて来る前にyuliyukiさん合流待ちで、
とあるアンケートに答えていたので、
気がつけばどうやって写真を撮って良いかもうわからない状態。
yuliyukiさん到着と同時に食事開始!

メニューはタブレットPCで見るようになっていて、
細かい料理名まではチェックしていなかったので、
後からもらったレシートをもとに名前を書いています。
いくつか謎なままのものもあり、もしかすれば間違っているかもしれません。
ご諒解くださいませませ。
(いつかこのコースを頼むことがあれば修正します)

春菊のサラダ
料理名は不明(消去法でいくと残る名前が1つあるにはあったのですが……)
醤油ベースのちょっと甘いドレッシングが美味しくて、
春菊も苦みやえぐみが無くとっても食べやすい。
みんな「こんな春菊どこで買えるのかな」と興味津々。

春菊のサラダ


金玉満堂
かにみそやほぐし身が混ぜてある「蟹粉」に似せた
「素蟹粉」の料理と思われ。
素蟹粉はじゃがいもやにんじんで作るのですが、
これならにんじんの味が嫌いな人でも美味しく食べられることでしょう。

金玉満堂


翡翠山藥
ハート形のやまいもがサクサクっといい感じ。

翡翠山藥


果粒紫薯塔
紫いものマッシュ。
中国の人は紫いもが好きですね。
近年、紫いもを使ったおやつや料理をたくさん見かけます。

果粒紫薯塔


秘制千千結
たぶん、この名前であっているはず。
甘辛濃厚な味。

秘制千千結


孜香菌菇
いわゆる羊肉串風。
実はクミンの効いたしいたけ。

孜香菌菇



特色紅焼面筋


特色紅焼面筋
「紅焼」は醤油ベースのたれで調理する調理法。
コレがあわない食材がはたしてあるのか?と思うぐらい
何にでも使えます。コトコトと煮込む場合もあるし、
さっとからめる程度に仕上げることもあります。
「面筋」は生麩。中国では非常にポピュラーな料理です。

热炝榆耳

热炝榆耳
「榆耳」というのは、どうも日本語ではニカワウロコタケと呼ぶようです。
豚バラの薄切り肉のような感じがしたものがソレだったのでしょうか。
ワサビが入っているようで、唐辛子や胡椒などの辛さではなく、
鼻にツンと抜ける辛さがありました。
まちがいなくごはんがススムくん。

招牌菌香金瓜

招牌菌香金瓜
「大根の炊いたん」かと思っていましたが、
金瓜(マクワウリ)ときのこの料理です。
これもまたごはんがススムくん。

清炒時蔬

清炒時蔬
「時蔬」は、その時々のお野菜という意味で、
その時旬のもの、或いはその日にお店に入荷している野菜で作るメニューです。
「清炒」は、塩味ベースの炒め料理のこと。

金湯雪蓮盅

金湯雪蓮盅
かぼちゃのポタージュスープ。
中に何やら白キクラゲの親戚のようなものが入ってるなと
食べながら思ったのですが、
もしかすれば、白キクラゲを雪蓮花に例えてこの名前なのかも。
このスープは一人一皿ありました。

同源堂素包

同源堂素包
皮生地も餡もしっかり緑の野菜まん。
蒸篭にのってやってきた写真を撮り忘れちゃいました。

最後の最後で白ごはんが要るかと聞かれ、
ごはんも出してもらいました。これが4人前のコース。

他に、店員さんに早口で言われて何の気無しにジュースを頼んだら、
それは別料金で、会計時に目がまんまるくなってしまいましたが、
雪梨のジュース、美味しかったです。
砂糖など要らぬものを混ぜていない、本当にそのままだったようです。

今まで食べた素食レストランの中で
最も洗練された味のする料理が出てくる店だと思いました。
素食レストランにありがちな、肉魚料理に似せるために
油が多用されているそんな感じは全くなく、
肉類が出て来ないと満足できない人にもオススメできると思います。

次は、おひとりさま用のセットメニューに挑戦してみたいです。

このお店がある華潤時代広場は、人の流れが少なく、
お店が結構入れ替わったりするので、
長く続いて欲しいなと願っています。

同源堂蔬食館名刺

透明な名刺もいただいちゃいました。

*同源堂蔬食館(Spring Vegetarian)
 上海市浦東新区張楊路500号(x浦東南路)
 華潤時代広場4楼(浦東南路側)
  軌道2号線「東昌路」駅4番出口もしくは
  軌道9号線「商場路」駅4番出口から浦東南路を南下
 TEL:(021)6165-9177
 営業時間:10:30-21:30
author : つばくろん(二姐) | - | -

大壺春 浦東綜店

2014.06.05 Thursday | お店屋さん > 飲食店

大壺春看板

今、生煎饅頭といえば「小楊生煎」が有名で人気がありますが、
昔は生煎饅頭といえば「大壺春」でした。

国営店の雰囲気そのままに、やる気があるのかないのかわからぬ店構えが
なかなか私を店に呼び入れてくれなくて、何度も店の前を歩いていたのに、
入って食べるのは今日が初めてとなりました。

大壺春の蝦肉生煎

*蝦肉生煎(1兩:6元)
 このお皿がなんともいえない!
 中の肉餡は少し甘めの味つけでした。

 昔の大壺春の生煎を知る人たちからすると、
 今のそれは非常に残念な状態にあるようで、それを聞くと、
 昔は「旨い!」と声に出したくなるぐらい美味しかったのだろうな、
 なんて想像してしまいます。

葱油開洋拌面

*葱油開洋拌面(7元)
 お碗が目の前に置かれた時、
 一瞬「あれ?何で鮭フレークがのっかってるの?」と思ってしまいました。
 小さな小さな開洋がこれでもか、とのっかっています。
 他のお店では汁そばではなくこの「拌面」を注文すると
 たいがいスープがついてくるのですが、ここでは出てきませんでした。
 もしかすれば、言えばもらえるのかもしれません。

並んで待つほどには混んではいませんが、
遅いお昼を食べる人がひっきりなしに出入りしていました。

店員さんたちはみんな上海話で話しますが、
ちゃんと普通話も通じます。

大壺春 浦東綜店
 上海市浦東新区浦東大道136弄4-6号(x即墨路)
  即墨路をはさんで隣は東方医院、
  浦東大道をはさんで斜め向かいは中国工商銀行のビル
  公交車は路線たくさん「浦東大道浦東南路」「東方医院」下車スグ
 TEL:(021)5882−5121
 営業時間:6:00−19:30頃まで
author : つばくろん(二姐) | - | -

茹・if vegan 創意蔬坊

2014.06.03 Tuesday | お店屋さん > 飲食店

茹・if vegan1

大衆点評でお店チェックをしていたら検索にひっかかってきたお店。
気になっていたので、今日のむいむいちゃんとのランチデートに
ここをチョイス。

浦東・百脳匯の中の飲食店は、
外からのお客さんが行きにくい感じがするわけですが、
あえてそんな場所に出店してきたのですね。

名前の通り、このお店はveganの人でも食事ができるお店。

茹・if vegan2

夜のメニューは料理数もかなりあるようですが、
お昼は上の写真のような感じで。
他にジュースやスープ、サラダやデザートなども注文できます。

*泰式素鱈魚套餐(thai style sweet&sour veggie fish)

泰式素鱈魚套餐

ごはんは白米と玄米から選べます。
私たちは玄米をチョイス。

メニューの写真では、もっと緑緑したお皿が出て来るはずだったのに、
いやに茶色っぽいのですが……。
真ん中の野菜は冬瓜。これは今晩公公に出したい感じの仕上がり。
料理はいずれも、上海で食べる素食の店にありがちな油っこさがなくて、
食べやすいです。
私はなんちゃって肉類やなんちゃって魚類は無くていいと思っている
(それだけ美味しい!と思うものにあたらないということ)のですが、
素鱈魚は結構気に入りました。

*意式番茄扭楽套餐(tomato veggie beef & potato)

意式番茄扭楽套餐

本当は、「最強活力餐」なる、キヌア(黎麦)と野菜とキウイのランチに
挑戦してみようと注文したのですが、事前準備が要るのだとかで
今回は作ってもらうことができず、コレを選びました。

英語名からすると、なんちゃって牛肉が入っているはずだったのですが、
どうも食べた中にはそれらしいものが無く……。
ま、無くても良かったんですが、
それならそうと書いておいて欲しかったなと、ちょっと残念に思うワケです。

そしてデザートがわりに
藍苺山藥(mashed yam with blueberry jam)を。

藍苺山藥

藍苺はブルーベリー、山藥はヤマイモのこと。
以前別の店で食事をした際ヤマキタセンセイが、
「ココナッツミルクが入っている」と教えてくださったので、
私の中ではだいたいイメージができていましたが、
むいむいちゃんは「もっとソフトクリームのような感じだと思っていた」と
ちょっと残念そう。

veganの人は食べられませんが、マッシュしたヤマイモに
ココナッツミルクではなくバニラアイスを混ぜて冷たくすると、
食感が変わるかも、なーんて帰り道に考えてみたり。
(でも冷たいものの食べ過ぎにはご注意を)

そしてこの写真は、ランチにプラス12元で注文出来る分ではなく、
通常の24元のお皿です。お姉さんが間違えちゃいました。
12元のものは一口二口ぐらいで食べきれる量だそうです。

頻繁に通いたいというほど魅了されるものではありませんでしたが、
ほぼ同じような価格帯のランチをほかで食べるとなると、
油(脂)こってり、がっつり肉食のメニューが多くなりがちなので、
時々は利用したいお店かな、という印象でした。
今度は夜のメニューを試してみたいなと思いました。

茹・if vegan 創意蔬坊
 上海市浦東新区張楊路588号 百脳匯3楼(建物の一番東側)
  軌道2号線「東昌路」駅3番出口から約850m
  軌道9号線「商城路」駅2/3番出口から約500m
  軌道2、4、6、9号線「世紀大道」駅12番出口から約800m
 TEL:(021)6891−3957
 営業時間:10:00-14:00
      16:30-21:00(Lo. 20:50)
author : つばくろん(二姐) | - | -

KyoChon1991 紫藤店

2014.01.15 Wednesday | お店屋さん > 飲食店

『KyoChon1991』は、韓国発のチキン店。
以前は、浦東の大拇指広場にも店があったけれど、
当時はそこへ行くこともなく、ちよちよが初めて食べたのは、
ルムメちゃんと出かけた先、10号線「紫藤路」駅の近くにあるお店。

以前、宿舎でルムメちゃんと食べた残りを、
週末持ち帰って来て食べさせてくれたことがあったが、
前日調理のものでも美味しいぢゃないの。
せやけど、彼女は残りもんで申し訳ない、
美味しさはこんなもんぢゃないと言うやん。

ECNUから出かけても結構な時間がかかる場所にあるも、
どうしても彼女は私にできたてほやほやのチキンを
食べさせたいと言うのねん。
おまけにそれが12月古北で新店試営業という話だったので、
じゃあ1月になったら行ってみよ!
ってなことでね、今日行きましてん。

当初私はそれをランチにする気まんまんやってんけど、
ルムメちゃん曰く、このチキンはごはんではなく「おやつ」
ほんなら、いったん軽くお昼ごはん食べてから、
小腹すかせて行きましょか。

私は午前中、互人多さんの定例会におじゃましていたので、
お昼過ぎに古北家楽福で待ち合わせてから移動してランチ。
なんかけっこうがっつり食べてしもたけど、大丈夫やろか。

散歩がてら場所を移動して、向かうは嘉頓広場(オバマ広場)。
いっつもフリーペーパーで「オバマ広場」って見ても、
微妙に位置がわからない感じで、行ったことなかったけど、
着いてみたら、「あー、ここの前いっつも車で通過してた」

そこを「オバマ広場」って呼ぶってことを知らなかっただけなのねん。
もっとも、通過するばっかりで、歩いてみたことはなかってんけど。

で、広場を見てみると、あちこち工事中だし、
観光エレベーターなるスケルトンのエレベーターも、
工事の関係でベニヤ板が張られていて、なんだかとってもアヤシイ雰囲気。
建物の壁にある地図にも店名が無い。うーん。

そしてお店も……。

KyoChon1991-1

思いっきり工事中!

パチパチ写真を撮っていると、工事のおっちゃんに
ただのSUPER JUNIOR好きと思われてしまった模様。
それも私おばちゃんやから、何このおばはん色気づいてるねんと
思われていたのではなかろうか。ま、ええけど。

1401kyochon_2

あかんやん、まだ食べられへんやん。
でも今日はこのチキンを食べることにしていたから、
しゃあないねえ、紫藤路まで行きますか。

10号線に乗って紫藤路へ。

1401kyochon_3

駅を出て紫藤路に入ると、いきなりハングルの洗礼。
道路を挟んでその向かい側は龍柏高級中学の新校舎建設現場、
な、の、にー、その斜め向かいには金匯高級中学(この学校には留学生クラスがあります)が。
高校がこんな隣接しているのは初めて見たなー。
工事が終わればここは朝夕たくさんの学生でにぎわうのかな。

歩き進んで行くと、工事中のこんなお店も。

1401kyochon_4

お店のマークが気になりますやん。

1401kyochon_5

なんせ「笑顔!」言うてはりますからね。
いつか機会があれば、笑顔を拝ませてもらいましょ。

で、とうとう着きました。

混んでます。

店の中に入る余地がありません。

KyoChon1991-6

中にはテーブル席が少しあるものの、
こちら満席。道路沿いにあるカウンターテーブルにも人。
店内には持ち帰りの順番待ちの人の山。めっちゃ流行ってるやん。

私たちは25分待ち。
ちょうど、レジ前の椅子が空いたので、座って待つことに。

ふと、左手を見ると、何やらイケメンさん?
人の波が途切れた瞬間にパチリ。

KyoChon1991-7

よく見ると、人形デシタ。

KyoChon1991-8

ちよちよの話だと、割と最近に置かれたもののようで、
「鼻毛もはえてる」というので見たかったケレド(どんな趣味やねん)、
動くのがおっくうで、未確認。
どうも埃がついたのがそう見えるらしい。

さて、店内で私にアツアツを食べさせたいという彼女の夢は
脆くも崩れ去り、私たちはしこたまチキンを買い込んで、
フンパツしてタクシーに乗って帰宅。
ま、これを持って10号線ー2号線と乗り継ぐのは
イヤだったからなんだけど。

調理場のところには、たくさんの紙袋が立てて置かれていて、
ちよちよがその袋の写真を見ながら「あれ持って地下鉄乗るんは
恥ずかしいなあ」と言っていたケレド、
結局私たちが買ったものは、1つ容器が大きかったため紙袋ではなく、
ポリの袋に入れられておりました。

でもチキンの入ってる紙箱はこんな感じなんよ。

KyoChon1991-9


*香脆無骨鶏(Crispy Rice Chicken Strip)75元
KyoChon1991-10

写真ではわかりませんが、大きなお皿にたっぷりと
もも肉と胸肉の骨無しチキンが盛られています。
衣はお米のつぶつぶ衣で、甘酸っぱい醤油味のソースが
別添えでついてきます。
公公でも食べられそうなので、注文してみました。
衣はサクサク、やわらかくて美味しいです。

*香甜鶏腿(Honey Stick) 
 2ピース:30元/4ピース:50元/8ピース:90元
KyoChon1991-11

横着して箱まま食べたんで、こんな写真でごめんちゃい。
ちよちよはコレを私に店内で食べさせたかったのです。

*香甜鶏翅(鶏中+鶏根 Honey Wing & Drummette)
 8ピース:45元/12ピース:60元/20ピース:95元
KyoChon1991-12

こちらは手羽のセット。
「香甜」シリーズは、特製のハニーソースが塗られていて、
ちょっと甘めだけど、これがちよちよのオススメ。

いずれもとっても食べやすくて、
ジューシーで衣もサクサク。
浦東に店があった時に行かなかったことを
ちょっと後悔してみたりなんかして。

他に醤油ベースの「原味(オリジナル)」、
辛いの大好きな人向け「香辣」、
フライではなくグリルしたチキンなどなど。
いずれも80元以上買うと、大根の甘酢漬けとコーラがついてきます。

店の名前を検索してみたら、
「KONEST」というサイトに韓国・弘大店の紹介があり、
そこにお店の成り立ちやこだわりが書かれてありました。

KyoChon Chicken 弘大店KONEST

今度は店舗面積が広い古北店で、ゆっくり座って食べてみたいな。

*KyoChon1991(校村) 紫藤店
 上海市閔行区紫藤路182号
 軌道10号線「紫藤路」1号出口
 TEL:(021)5454-0275、5454-0173
 営業時間:12:00-22:30
 微博:http://weibo.com/61956022
author : つばくろん(二姐) | - | -

g+ 极食 THE URBAN HARVEST

2013.12.26 Thursday | お店屋さん > 飲食店

P!-mamaちゃんと『感傷之旅・堕楽園 1971-2012』を観た後に、
前から気になっていたキノコのあるお店へGO!

极食1

喜瑪拉雅中心のB1にある
g+ 极食 THE URBAN HARVEST』の1号店。

それにしても喜瑪拉雅中心、ひとけなさ過ぎ。
店内には何組かお客さんがいたけれど、とっても静か。

そして、緑!

极食2

きのこ!

极食3

ひゃはは、ほんまにきのこあるし〜。
これらはお店で栽培してはるんですよ。

席につくと、iPadを渡されましたよん。
最近多いですね、iPadでメニューを見て注文するパターン。

iPhone使いのP!-mamaちゃんも、iMac使いの私も
iPadは使わないから、二人であたふたしながら注文を入れました。



入れました。



入れました。




なのに、結局お姉さんが画面を見ながら再確認してきました。

意味ないぢゃん。

最初っからフツーに注文とってくださいな。

ランチは、価格がさまざまな洋食のメニューと、
55元のタジンポットの中華メニューが5種類ほどありました。
私たちはタジンポットで料理が出て来るのを見たくて、
季節の野菜と豆腐干のオイスターソース味のセットをチョイス。

そして、最初はメニューの見方をきちんと把握していなかったので
気づかなかったのですが、飲み物がついてくるということで、
それぞれにダイエットコークとレモンスカッシュを注文。

が、飲み物がついてくると気づいていなかった時点で
みつけた「小麦草汁(30元)」と正確な名前を忘れてしまったのですが
「黒木耳蔓越苺汁(35元)」って名前だったとおぼしき
要するに黒キクラゲとクランベリーのジュースが
どうしても気になるので、都合飲み物は2杯ずつ飲むことに。

さあ、まず来ましたよ、単品の飲み物が。

极食4(修正)

P!-mamaちゃんの注文した草汁は、ほんまに草汁やった。
二人でかたまってしまった。それもおかしすぎて。
笑い転げるところを飛び越えて、どのように草汁かを語りあうも、
草は草。

キクラゲとクランベリーは、キクラゲの味もするけど、
ジュースでした。ちょっと甘さ控えめで、酸味がきいてて、
家でも作ってみたいなと思ったけれど、
クランベリーってどうしたらええのんかな。

极食5

料理も来ました〜。
でも期待していたタジンの蓋を自分で外すというお楽しみは
すでに奪い取られており、運ばれて来た時には
フツーのランチと化していました。うーん、残念。

ごはんの炊き加減が好みではありませんでしたが、
美味しくいただきました。
せっかくきのこやスプラウトなど店内で育てているお店なので、
ランチにつける飲み物もジャンクなものはやめたらいいのにな、
なーんて思いました。
それで値段が上がってもそれはそれでしょ。

次は、K11にあるお店できのこを料理してもらって食べたいと思う
ワタクシでございます。


*g+ 极食 THE URBAN HARVEST(芳甸路店)
 上海市浦東新区芳甸路1188弄喜瑪拉雅中心B1楼152室
 軌道7号線「花木路」駅3号出口
 TEL:(021)6045-6255
 営業時間:11:00-21:00 
 微博 http://www.weibo.com/u/2641469244
author : つばくろん(二姐) | - | -
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>