シャンハイクラシノテチョウ

上海老婆生活指南と*tsubameのめ*の内容を統合
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

楽(RAKU)静安寺店

2013.01.23 Wednesday | お店屋さん > 飲食店

私は果菜村さんのブログも書いているので、
同じ時期に同じネタを載せるのは避けようと思い
こちらには書いていませんでしたが、
久しぶりに菊地さんの顔を拝ませていただきましたし、
ご紹介しておきます。

静安寺は越洋広場(芮欧百貨 Réel)にある、
楽(RAKU)静安寺店です。

今日は、古くからおつきあいのある
Junmamaさん、サニーさんと3人でランチ。
今日の日替わりはサーモンのかまということで、
私は、ばらちらし寿司定食(98元)を注文しました。
かま(頭)がメインディッシュってまた大胆な、と思ったのですが、
隣のテーブルの殿方が召し上がっている様子を見て
なるほどー、魚頭鍋が人気者なのだから、
不思議ではないのね、と納得。

楽(RAKU)1

手前の小鉢の中の蓮根はちょっとピリ辛。
後ろの右端は茶碗蒸し。
この他にお味噌汁もついてきます。
いずれも食べやすい味付け。野菜が嬉しいですね。

楽(RAKU)2

たっぷりの具材の下には美味しいごはんが。
何種類入っているかな、次に食べる時には数えてみなくちゃ。

楽(RAKU)3

今回は鯵と鯖も楽しみました。
あっさりして美味しかったデス。
(これはセットメニューではありません)

楽(RAKU)4

いつ来てもホワイトカラーの人たちで賑わっている店内。
ランチはいずれもボリューム満点ですが、
女の子たちはみんな嬉しいでしょうね、
別腹でちょっと食べておきたいデザート。
午後からの仕事もこれで頑張れそう、かな。

他のランチメニューの一部をこちらで紹介しています。

楽(RAKU)静安寺店 (愛上蔬菜〜上海でおやさい通信〜

ランチの価格は78元から148元(別途お茶代が4元かかります)と、
若い人たちの日々の昼食費としては決して安くはありませんが、
12時をまわると一気にお客さんが増えて来ますので、
11時半の開店時に行かれるか、事前に予約されておくことをオススメします。


*楽(RAKU)静安寺店*
  住所:上海市静安区南京西路1601号
     越洋広場(芮欧百貨 Réel)1楼1E
     軌道2/7号線『静安寺』4号/10号出口
  電話:021-3253-0711
  営業時間:11:30-22:00(頃終了が目安)
author : つばくろん(二姐) | - | -

上海19参Ⅲ老場坊・其の参

2013.01.19 Saturday | 街角探険

またまた続きなのです。

飲食店やオフィスとして使われている部屋がありますが、
空いているところも少なくないので、
ゆっくり歩いてまわると結構時間が過ぎていました。

ようやく1階までおりてきて、お花屋さんの横を見ると、
落ち着いた色ではあるものの、何やら目立つ扉がありました。

上海19参Ⅲ老場坊20

鍵がかかっているため中を見ることはできませんでしたが、
いくつも並んだその扉と扉の間には柵の奥に牛の顔があるマークが
貼られていました。
よく見ると、「禁閉室(Confinement room)」と書いてあります。
牛を監禁するってどういうことなんでしょう。

ここにはいくつかの扉がありましたが、
しかし多くはありませんでした。
1つを花屋さんが使っていて、そーっとのぞいてみたのですが、
明かりがなければ暗いただのコンクリートの箱のような小さな部屋でした。
すべてが同じ構造だったのかは定かではありませんが、
何を目的として作られたのかが全くわかりません。

ここでは牛になるべく恐怖心やストレスを与えないようにして
牛という生き物から食肉へと加工して行ったと聞いていたので、
もしかすれば病気や何かしらの問題があって食肉に適さないと
判断された牛が閉じ込められたのかもしれません。

上海19参Ⅲ老場坊22

24角形の建物の1階部分にはこのようなものが残っていました。
この黒い金属の柵の後ろは狭いスペースしかありません。
上へと続くコンクリートの筒には2つの穴があいていました。
穴を下から撮ろうと何度か試みましたが、黒い柵があるため、
上手く撮れませんでした。かなり大きな穴が上まで続いています。
不要となった何かを上からこの穴を通して下へ落としていたのかな、
そんな風に思いました。

上海19参Ⅲ老場坊24

ほとんど予習をしないまま訪れたので、
若干消化不良気味のままとなりましたが、
時間の都合もあり外へ出ました。

柱の形も美しいです。

上海19参Ⅲ老場坊26

南側から観るとこんな感じ。
車がたくさん駐車されていて邪魔なんですけど、ぷんすか。

上海19参Ⅲ老場坊27

こちらは西側にある別棟。煙突が気になります。
ここは今回行ってみませんでしたが、廃棄処分となったものの
処理場だったそうです。
単に不要となったものを焼却していただけではなく、
脂肪から石鹸などに使う油脂を抽出したりもしていたそうです。

夏の日はとても気温が上がる上海においても、
この建物の中ではかなり低い温度を保つことができたそうで、
食肉加工されていく工程も含め、大変衛生的で品質の良い食肉を
生産していた場所だというこの建物。
上海のみならず中国各地や海外へも食肉を供給していたといいます。
立派な施設に恥じない、仕事に誇りを持った職人さんたち、
私たちのために切り刻むその動物たちへの感謝を込めて、
無駄にしないよう丁寧に仕事をされていたのではないでしょうか。

動物を生き物だと思わない、金儲けのためならずさんな管理も
化学品でごまかすことも恥だと思わない、消費者のことも考えない、
そんな一部の従事者たちにここで学んで欲しい、そう強く感じました。

私個人としては、リノベーションされた商業施設という観点ではなく、
昔の人たちの知恵、工夫、生きざまを知る場所の一つとして、
またコンクリートの冷たさを冷たいと感じさせない美しいデザインを
楽しみながら歩いてみて欲しいなと思います。

もうちょっと勉強してまた行くぞ。


上海19参Ⅲ老場坊
 上海市虹口区沙涇路10号/溧陽路611号(x海寧路)
 軌道4号線/10号線「海倫路」2号出口 徒歩10分-15分
 http://www.1933shanghai.com/
 TEL:(021)6888-1933、400-888-1933
 営業時間:9:00-22:00
author : つばくろん(二姐) | - | -

上海19参Ⅲ老場坊・其の弐

2013.01.19 Saturday | 街角探険

続きです。
迷宮の中を歩くのは大変です。
どこからどのように攻略していけばよいのかがわかりません。
そーっと階段をのぞきこんでみます。

上海19参Ⅲ老場坊9

何だか怖い。のでここはパス。

上海19参Ⅲ老場坊10

スロープになっているこの道は「牛道」。
この道を牛が歩いて2階と3階にあった加工処理の部屋で
食肉へとなっていったのです。
なぜか突然『ドナドナ』のメロディーが口をついて出て来て、
母娘二人で♪あ〜る晴れた ひ〜るさがり……♪と歌いながら
この道を歩きました。

上海19参Ⅲ老場坊11

この歌が牛のことを歌っているのではない、ということを
知ってはいたのですが、それでもこのスロープを下っていると
浮かんでいるのはやはりこの歌でした。

上海19参Ⅲ老場坊12

牛はこの道を歩く時、自分の最期を感じていたのだろうか、
毎日百頭以上の牛がここへ運ばれて来たというから、
わずかな間隔だけを残して列をなして歩いていたのだろうな、
そんなことを考えていると、フクザツな気分になります。

上海19参Ⅲ老場坊13

その牛道から見える複雑に入り組んだ道、
いろいろな幅があります。
牛の大きさを仕分けたり、病気の牛を選別するために
設けた通路など、一見ごちゃごちゃになっているように見えるそれらの道は、
実に合理的にかつ衛生的に作業ができるように作られていたそうです。

上海19参Ⅲ老場坊14

この建物は英国人のBalfoursという人の設計で、
極東初、極東一の屠畜場だったそうです。
同様の規模の物が当時アメリカと英国にあって、
それらも彼の設計だったそうなのですが、
彼のフルネームがわからないこともあって、
彼の細かなプロフィールやその2カ所の屠畜場の写真が見つからず、
とても気になっています。

上海19参Ⅲ老場坊15

かくれんぼできます(いや、しなくていいです)

上海19参Ⅲ老場坊16

空中舞台の床だともうわかっているのに、
少し歩いては天井を見上げてシャッターを切ってしまいます。

上海19参Ⅲ老場坊17

歩いて来た道を振り返って見つめ直してしまいます。

上海19参Ⅲ老場坊18

下りながら見入ってしまいます。

そう、「何々したい」というよりも、ついつい「してしまう」、
そんな空間が広がっています。

上海19参Ⅲ老場坊19

ある場所から観るととても直線的な世界が広がり、
また別の場所から観ると曲線的な世界が広がる、
直線と曲線の混ざりあう複雑な構造が
独特の美しさを出しています。


「其の弐」で終わるつもりだったのに、まだ続きます。
author : つばくろん(二姐) | - | -

上海19参Ⅲ老場坊・其の壱

2013.01.15 Tuesday | 街角探険

上海19参Ⅲ老場坊1

軌道4号線/10号線「海倫路」駅から南南東の方向へ歩き、小さな橋を渡ると、そこに壁面いっぱいにある窓が美しいコンクリートの建物が見えます。

現在は「19参Ⅲ老場坊」という芸術空間になっているものの、
元は食肉用の屠畜場だった場所です。

上海19参Ⅲ老場坊2

外観は四角いですが、中へ入ると中央に
24角形の屋根をかぶった建物があります。
その建物と周囲を囲んでいる建物との間に無尽に広がる道は迷路のようで、
迷宮の中を彷徨うにも似た感覚におそわれます。

上海19参Ⅲ老場坊3

見上げると、24角形の天井の一部を見ることができます。
今は4階が強化ガラスの床でできた空中舞台(スカイシアター)に
なっていて、ここでさまざまな催し物が開催されます。

上海19参Ⅲ老場坊4

さらに3階まであがってから空中舞台を見上げてみます。
よく晴れた日なら、光がさしこんでとても美しいのではないでしょうか。

さらに空中舞台を観に行ってみます。

空中舞台のある4階へ行くと、何かのステージが終わった後、
次の準備のために工事をしているようでした。

上海19参Ⅲ老場坊5

直に天井を見るとちょっと無機質な感じもしますね。
作業員の人と目があっちゃって、ちょっと気まずい感じ。
これは5階まで行ってみることにしましょう。

上海19参Ⅲ老場坊6

ガラスの柵越しに見てもすでに床がスケスケなのがわかります。
高所恐怖症の私はもうこの時点でドキドキものです。
それでもここまで来たのだから、ギリギリまで前へ行くしかないでしょう。

上海19参Ⅲ老場坊7

あ゛〜、もうダメです。これ以上身をのり出すことができません。
精一杯がんばりました。
黄色く見えるところが3階の部分、階段が見えますね。
めちゃくちゃコワイです。が、ここに照明があたると
とても幻想的な空間が生まれるんじゃないかなという
期待のようなものもちょこっと感じたりもします。

ちょっと気分転換に24角形の建物から出てみましょうか。

上海19参Ⅲ老場坊8

外から見るとこのようになっているのですね。

探険はまだまだ続きます。
author : つばくろん(二姐) | - | -

Dining Bar 伽家

2013.01.04 Friday | お店屋さん > 飲食店

泰康路は田子坊にあるダイニングバーで
サニーさんとjinjing妹と三人の新年女子会。

二人は美味しいお酒を楽しめる人、
私は飲めないのでまずはジンジャーエールでスタート。

ピクルス

ピクルスが美味しい。

さりげなく掲げられていた「最近のおすすめ」、
二人がしっかり注文してくれていました。

プリプリのエビがたっぷり入った、「エビのマカロニグラタン」

エビのマカロニグラタン

さくさく衣とやわらかいお肉の「ヒミツのヒレカツ」

ヒミツのヒレカツ

いろんな味が楽しめる「小じゃれたカナッペ」

小じゃれたカナッペ


メインはブイヤベースで。

ブイヤベース

食べる時に「少しスープを残しておいてくださいね」とアドバイスが。
それで後に美味しいリゾットができるわけなのですね。

私は茄子が食べたくて、「なすのアンチョビのマリネ」を。

なすのアンチョビのマリネ

こちらは南仏サラダ(正式名称失念、ゴメンナサイ)。

南仏サラダ

どれもこれも美味しくて、雰囲気もよくて、
お酒をゆっくり楽しみたい人にはぴったりのスペースです。


Dining Bar 伽家(GAYA)

Dining Bar 伽家

 盧湾区泰康路264号 后門2楼
 TEL:13402097593
 営業時間:月曜ー木曜 19:00-1:00
      金曜ー日曜 18:30-1:00
 軌道9号線「打浦橋」1号出口 田子坊274弄入口から入ります。
author : つばくろん(二姐) | - | -
<< 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 >>